寂しがりの伝えたがり。

ほっといてほしいくせに寂しがりで文章書くのが大好きな30代OLの伝えたいこと

【今市隆二ソロライブ】LIGHT>DARKNESSレビュー/愛と癒しと幸せに満ちた至福のライブ参戦レポ☆

三代目JSBのボーカリスト今市隆二くんの初となるソロライブに行って来ました!

終始彼の人柄やファンへの想い、感謝の気持ちが伝わる素敵な時間でしたよ♪

そこでもらったたくさんの幸せをこの記事で共有できれば幸いです。

  

▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫

オープニングは、いまや恒例のナレーション付き映像でした。三代目のライブでもお馴染みですよね。

宇宙的な感じでやたら壮大で、今から登場するぞ感を煽るっていう(^^;

 

そうして盛り上がったところで今市くん登場!!オープニングに相応しい華やかなナンバー『CATCH MY LIGHT』に乗せて、出だしからキレのあるダンスで魅せてくれます。

観客も全員ペンライトを振ってノリノリでめっちゃキレイ!!

そう、今回のソロライブの公式グッズはペンライトなんです☆

通常LDHのライブでは光り物はなくてフラッグなんですが、今回は今市くんの希望でペンライトになったそうで。

いいですよね~ペンライト。約10,000人もの人数で一斉に点灯させると、それはそれはキレイで※。.:*:・'°☆   自分もそのうちの一人でありながら、思わず見とれてしまう光景でした。

 

ここから5曲ぐらいかな、一気にパフォーマンスが続きました。

2曲目の『LOVE THIEF』へと続く流れはソロアルバムと同じ。これ私好きなんです。曲同士の雰囲気も合っていて、「アルバムと同じだ♪」って嬉しくなりました^^

 

一気にアクセル全開で飛ばした後に少しブレイクを挟んで、途中にはEXILEのカバーも披露してくれました。

『CHANGE MY MIND』

嬉しかったですねえこれ♪もう彼の持ち歌かと思うぐらい上手で、是非他の曲のカバーも聴きたい!と思わせられるほどでした。

自分のソロライブのセットリストにこの曲を選んだところに、彼のEXILEへのオマージュを感じました。

 

そして今回のライブレビューにおいて、私がどうしても書いておきたい曲が3曲ありまして。順不同でご紹介します。

1曲目『DIAMOND DANCE』

もうめちゃめちゃセクシーでした。本当に。

愛する女性と2人きりで、音楽をかけてシャンパンを傾けながら踊る…というとってもロマンチックな曲です。

そしてそんなロマンチックな歌詞は今市くんが書き、そこにキラキラしたまさにダイヤモンドのように美しいメロディーが合わされば、もうロマンチック度最強です。

うっとりしっぱなし。自分も周りの観客もそんな世界観に引き込まれて、ひたすら陶酔感に浸ってました。

そして今市くんですよ。

さっきまで踊っててまだ汗をかいてる素肌に半袖シャツをさらりと羽織って。前は開けてますよ。汗が光る見事な腹筋がバッチリ見えてますよ。

いや見せてますねあれは。そこをステージ左右にあるスクリーンにどアップで映すカメラさん。

最高です!!(〃∇〃)笑

下からなぞるように映すんだもん。もう嬉しい悲鳴があがってました♪

色気がマジで半端じゃなかったです。私今市くんの魅力の大部分を占めてるものは色気だと思ってるんですが、本当に色気のある人だなあと改めて思わせられました。

今市くんもカメラさんもさすが、私たちが求めるものを分かってますね!

そんなセクスィ~な今市くん、幸せに溢れたこの曲を、本っ当に幸せそうに歌うんです!

まるで本当に目の前に愛しの人がいるかのように、目を細めて笑みを湛えながら、その幸せと嬉しさを噛みしめるように歌うんです。

それを見てたらこちらまで本当に幸せになってきて(*^^*).:*:・'°☆

何度も言いますが本当にロマンチックで幸せで、とろけちゃいそうでした。

聴き終わったら、心がたっぷりと幸せで満たされていました。

 

2曲目レイニーブルー

こちらはご存知の方も多いと思いますが、今市くんが三代目になった時のオーディションで歌った曲です。

言わずと知れた徳永英明さんの名曲ですよね。

個人的にも昔から大好きな曲なんですが、実はまだ今市くんが歌うのを生で聴いたことはありませんでした。オーディションの映像をYouTubeで見たぐらいで、いつか生で聴いてみたいなとずっと思っていたんです。なので今回聴けるとなって嬉しかったなぁ♪

今市くんも話してくれました。

「あの時オーディションでこの曲を歌わなかったら三代目になれてないし、今ここにもいない。だから自分にとってすごく大切な曲だし、これからもいろんな所で歌っていきたい」

十八番にしているだけのことはあると、思わず唸ってしまうほどでした。

本当に本当に上手。R&B好きという今市くんの雰囲気や声、歌い方にぴったりと合っていて、曲が持つ切なさが痛いほど伝わってきました。

これほど心情や曲の世界観をこちらに伝えられる歌手が他にいるだろうかと私は思います。聴けて本当に良かった。これからもずっとずっと歌い続けていってほしいと心から願っています。

 

3曲目『All LOVE』

こちらは今市くんがまだソロ名義で活動を始める前に、初めてソロとして発表した曲。

タイトル通り“全てを愛して生きていこう”というメッセージが込められた壮大なバラードです。

そしてこの曲が、私が今市くんのソロの中で一番好きな曲です。

今市くん自身が作詞した歌詞を聴いていると、彼の人柄というか内面というか、内に秘めた願いみたいなものがダイレクトに伝わってくるんです。 それを壮大なメロディーに乗せて渾身の歌声で聴かせてくれるこの曲が大好きで。今市くんの歌唱力を存分に堪能できる曲です。

 

私が辛かった時に癒してくれた曲でもあります。

精神的に辛くて気力を無くしていた頃、今市くんが毎週木曜日にパーソナリティを務めているラジオ番組(J-WAVE『SPARK』)の放送内で流してくれたことがあります。

これ本当に嬉しかった…。その時の自分に一番必要な曲だった気がします。心を読まれたような気さえしました。あり得ないんですけどね。でも不思議な感覚でした。見透かされたようで。

偶然と言ってしまえばそれまでですが、私を癒すために今日この曲をチョイスしてくれたんだと勝手に解釈して、ひとり癒されていました。

 

少し話が逸れましたが、そんなこんなで私にとってとても大切で、思い入れのある曲なんです。

生で聴いたのは2回目。このラジオでのエピソードも思い出しながら、じっくりと聴かせていただきました。

 

 

今回のソロライブでは、ステージの構成として花道が設けられています。

その花道の先端にあるステージで聴かせてくれたのは、しっとりとアコースティックな曲を3~4曲。

会場全体の照明を落として、ペンライトも全員オフに。

ステージに置かれた椅子に座る今市くんとバンドメンバーだけを照らす、柔らかな明かり。

アコギの素朴で味のある音色に乗せて静かに歌う今市くんの姿は、きっとソロライブならではですよね。洋楽を全て英語でカバーしたり、その曲についてのエピソードを話してくれたり。

ノリノリともセクシーとも違う一面をまた見せてくれました。

 

 

ALTER EGO』 『OUT OF THE DARKNESS辺りでは、ガラッと雰囲気が変わります。

LIGHTではなくDARKNESS。

前半と後半とで雰囲気を変えるのも今回のライブ演出の一つとなっています。

ここではペンライトも赤一色に統一。闇夜の中に赤い目がたくさん光っているような感じに。例えるならホラー映画を観る前のような、お化け屋敷に入る前のような、あの暗くてちょっと怖い雰囲気に包まれます。

darkness感のある曲がいくつかパフォーマンスされるのですが、この場面では歌というよりかは演出に重きを置いている印象でした。

闇の儀式みたいにしたり、花道の先端で観客に向かって水を撒き散らしたり(゜ロ゜;ノ)ノ

そして着ていたタンクトップを破り捨てて上半身裸になったり!

雰囲気を一変させようという意図は伝わりましたが、結構驚いちゃいました(^^;

しかしながら、darknessな今市くんも格好良くて素敵でしたよ☆

 

 

また、自ら楽器を演奏する場面も(^^)/

三代目のライブでもありました、ドラム!最後バチを後ろに投げるのはお約束ですね♪

そしてピアノ。

真っ白なピアノに真っ白な衣裳で弾き語りをしてくれたのは、『夜明け前』

この歌詞をたくさんの人に読んでほしいと本当に思います。

今辛い思いをしている人、先が見えずに苦しんでいる人。そんな人たちへの癒し・励ましとなる曲です。

辛いことを乗り越えた先には絶対幸せが待ってるから、今はそれを信じて頑張ろうという温かくも心強い歌詞が胸に刺さります。

実際、夜のうちでも夜明け前の時間帯が最も暗い、という話は聞いたことがあります。高く飛ぶためには深く沈むんだよ、という話も。

その想いを、綺麗なピアノの音色と歌声で届けてくれる今市くん。

一生懸命に弾きながら歌うその姿と眼差しが、今も目に焼き付いています。きっとずっと忘れません。

 

 

ライブ中、一番盛り上がったところといえば!

オープニングを除いて挙げるとすると、三代目メドレー!!

これには私を含め、観客全員大喜びで♪ヽ(´▽`)/

事前に何も調べたりとかせずに行ったので、サプライズ的な感じで嬉しかった♪

ネタバレは嫌なんでね、やっぱり。当日に初めて知って喜びたい。そういう人が多いってことですね^^

どれも三代目ファンなら歌えるし踊れるし♪という曲ばかりで、会場全体が一つになって盛り上がり最高潮でしたー!!

そして思ったこと。やっぱりみんな三代目が大好きなんだよ(^^)d♪♪

 

 

▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫

 

アンコールまで用意してくれていて、夢のような時間はあっという間に過ぎていきました。

終わった後はいつもの、満足感とともに襲われる喪失感…笑

終わっちゃったなー……っていうね。始まるまでのあのワクワク感とのギャップ凄いですよね。毎回思います。

私の場合はなぜか、当日よりも翌日、翌々日の方がより幸せでした。日が経つごとに幸せ感が増していく感じ。もちろん寂しさはあるんですが。なんなんでしょうね?

 

グループを飛び出して、ソロアーティストとしてもスタートを切った今市隆二くん。

そのキャリアの中で間違いなく大きな財産と確かな自信となる今回のソロライブツアー、私は大成功だと確信しています!

ここでまた何段階もパワーアップして、三代目としてもソロとしても輝く姿を見せてくれるんでしょうね。また、歌手としても男としてもさらに魅力を高めて、私たちを魅了してくれるはずです。今後の今市くんの活躍が本当に楽しみですね♪

 

ピュアで真面目で真っ直ぐで、でも熱い想いもあって一生懸命で。

何より愛に満ち溢れてて.。(*´∀`).:*:☆

そんな今市くんの人柄を改めて知ってますますファンになったのと同時に、その世界観にどっぷりと浸れたライブでした。

 

銀テープに書かれていた言葉。

『皆さんが癒されますように…』

見る人に癒しを与えてくれる、今市くんは天使のような人ですね^^

心から感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんにも少しでも幸せのお裾分けになっていたなら嬉しいです!

最後までありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【インスタ】見たくないのに何度も見てしまう人のためのシンプルな対処法/フォロワーとの付き合い方/時間を無駄にしない!

常に確認してないと不安?置いてかれる気がする?フォロワーが離れていく?全くそんなことないって!!

気が向かなかったら見なくていいんです。どれだけ皆が更新しようと。どれだけいいねが付いていようと。コメントが付いていようと。

だから何?って話。私は今見たくないから見ない。ただそれだけ。

不安になるのは自分の思い込みにすぎません。もっと自分の心に正直になりましょー(^^)/

 

フォロワーが多ければ多いほど、毎日のタイムラインってすごいことになりますよね。

私もインスタというものをやっておりまして、今現在のフォロワーは100人ちょっと。でもいますよね、フォロワー500とか1000超えとかざらに。一般人でも普通に。どんな世界なのか私には想像もつきませんが、たぶん誰をフォローしてるのかもわからないんじゃないかなと思います…(^^;

見るだけでも大変だろうな、コメント返そうとするともっと大変だろうな、なんて思ったり。

 

もちろんインスタってフォロワーが多ければそれだけ楽しみも増えるものだと思っています。

たくさんの人がいろんな写真を上げてくれる。自分と共通の趣味や好きなもので繋がってる人達の投稿だから、共感できたり耳寄り情報をゲットできたり、メリットが多いことは確かです。

 

でも、そうやって楽しめるのって自分が元気な時だけだな、って思いませんか?

落ち込んでたり気分が塞いでる時、疲れてる時だと「今日は見たくないな」と感じるのではないでしょうか。私はそのタイプです。

中にはどんな時も絶対毎日見る!いいね、コメントする!という信条の方もいるかもしれませんね。それはそれで、ある意味素晴らしいなと思います。ちょっと尊敬もします。

 

でもシンプルな話、

見たくなかったら見なくていいんですよ。

別に見ないといけないわけじゃないでしょ。というかたくさんいるフォロワーの中で、自分一人が見なかったから何?っていう。なんか問題ある?

あるとすれば、それは自分の思い込みがそう思わせているだけです。

冒頭にも書きましたが、置いてかれるとか、離れていくとか。とか。

フォロワーの増加に伴ってどんどん投稿が増えていくほど、この思い込みは強くなっていくんでしょうね。

 

でもね。

正直それで離れるような人はそこまでですよ。その程度の繋がりでしかなかったし、そういう縁だったということ。本当にただそれだけのことです。なんにも思い悩むことはない。「あっそ」って感じで受け流しとけばいいんです。自分の人生にはなんら問題も影響もないんだから。

フォロワーとはSNS上で繋がってるというだけであって、実際に会って交流を持つわけではない。まあ、会おうよということになる人たちもいますが。

大半は顔を会わせることのない、バーチャルな繋がり。そんな人たちが自分から離れていこうが、それがどうした?という話で。ましてやちょっとやそっとリアクションしなかったというだけで。

 

見る見ないは私が決める。

これを大前提として、SNSとは付き合っていってほしいなと思っています。

誰かが投稿したから見ないと、ってやってたら、結局は彼ら彼女らに見ることを強制されてることになりますよね。完全に振り回されてる。

アホらしくないですか?

フォロワーにもいろんな人がいて、中にはあんまりリアクションしてこない人やほとんど投稿しない人もいます。誰しもが自分のようにマメで律儀だとは限らない。

 

自分もやっときながらこんなこと言うのもあれですが、所詮インスタですよ。

そんなただのアプリに振り回されて、貴重な時間を割いて。

それより現実社会でもっと目を向けることや楽しむべきことがあるはずです。

それをやって自分を高めたり、あるいはリラックスしたり、はたまた目標がある人はその実現のための努力に時間をつかったり。そっちの方が遥かに有意義ですよね。

 

時間は有限です。

どんな人にも等しく与えられているこの時間をどのようにつかうかは、私たち一人ひとりに委ねられています。

どうせなら自分が心からこうしたい!と思うことにつかいたいですよね。気が進まないことに無理して時間をつかうことはないんです。そんなのもったいないし、疲れるだけ。

時間の無駄です。

 

だから、

もっともっと自分の心に正直に!やりたくないことはやらなくていいんだよ^^

楽しめるようになったら、またやればいい。

ちなみに、私の場合は1ヶ月弱放置してました。精神的にしんどくて見る気になれなかったので。

で、まあ気持ちも落ち着いてきたので久しぶりに再開してみたら、今までと変わらず接してくれるフォロワーがいました。心配までしてくれまして。

心配をかけてしまっていたことは申し訳なく思いましたが、やっぱり嬉しかったですね。救われた気がしました。心がじんわり温かくなりました(*^^*)

こういう人たちが本物のフォロワーなんだなと実感しましたね。

 

なので、決してSNSを下げる意味でこの記事を書いているのでなければ、フォロワーをないがしろにしていいと言うつもりもありません。

楽しく、節度を持って付き合うことが大切です。

 

ただひとつ言いたいことは、

“自分の意思を持って付き合ってほしい”

ということです。

いわゆる付き合いだけにとらわれず、自分の心を守ることも必要です。

それを忘れないでいてほしいなと思います。

 

 

 

【傷つきやすい人へ】無理しないで!心を守るために大切なこと-自分を認めてあげよう!-

周りに合わせるのが辛い。人と会うのが苦痛。傷つきやすい心を持った人に伝えたいこと。

一人じゃない。無理しなくていいんだよ(^^)

張りつめた心の糸をゆるめてほしい、心をほっと楽にしてほしい。

そう願いながら書きました。

 

▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫

 

仕事に対してどう思う?

私たちが身を置いている環境の中で、自分を取り巻く人というのは本当にいろんな人がいますよね。

関わる度合いの差はあれど、こうした人たちと関わり合って日々仕事や生活をしている私たち。一部例外的な立場の人もいるかと思いますが、ほとんどの人が自分以外の誰かとの関わりなしに生活するのは難しい状況にあります。

 

そんな中では周囲と歩調を合わせ、空気を読んだりしながら気をまわす必要がある。

大人の事情というか、そうしないと当然ながら迷惑が掛かるしうまくやっていけないですもんね。

大人として社会生活を送るためには必須です。

 

ただ、そうすることで疲れることってあると思うんです。

単純に仕事の労働で疲れるのももちろんですが、気持ちも疲れるんですよね。

毎日の仕事だけでも疲れるのに、そこにさらに不必要な気疲れまで乗っかったらパンクしそうになります。

そこで得た私の持論は、会社には仕事をしに行くだけ。それ以上の付き合いは必要ない。

要は最低限の義務を果たす。それだけ。

文句を言われる筋合いはありません。開き直りですね、ある意味。

 

意識が低い!とか思われる方もいるかもしれませんね。

仕事は義務以外にも自分を高めてくれるものであり、社会においての自分の存在価値を教えてくれるもの。自分を成長させてくれるもの。

だからただ義務をこなしてりゃいいなんて甘い!!とか。

 

確かに一理あります。実際こうして頑張っている人もたくさんいるでしょうし、それはそれで素晴らしいことだと思います。モチベーションも上がってやりがいも得られるでしょうしね。

でも。

いろんな人がいる世の中。仕事への考え方だっていろいろあっていいじゃない。

私みたいにドライに捉えてる人も、こういう意識高い系?の人たちと少なくとも同じくらいにはいると思っています。

お給料に見合った働きができていればそれで十分。もっとお給料を上げたい人は、どんどん仕事を取りにいけばいい。それがきっとその人のモチベーションになるから。

 

職場環境にも左右されそうですね。

自分だけがドライで、他がみんな意識高かったらたぶん辛い。

居づらいですよね、そこに。

 

日本ではマイノリティは居場所を見つけにくいように感じています。その他大勢でみんなと同じように行動することを良しとする風潮があるから。子供の頃からそういう教育がなされます。

みんなと同調して、同じ方向を向くことを求められる。それで大きなプラスのエネルギーが生まれることもあります。

でもだからといって、みんながみんなその意に沿う必要はないと思うんです。違う意見を持つ人間がいたっていい。

でも合わせないと白い目で見られるし、浮くし…とかありますよね。

ますます居づらくなる。ジレンマだこれ。

 

それでも!こんな考えを持つのは決して自分だけじゃないんだ、ってことを伝えたいんです。

自分だけがおかしいなんて思わないでください。

無理に人と合わせて、自分を殺さないでください。

 

私の場合はね

特にこの傾向が強く表れると自覚しています。

性格的に、人とつるむのがあんまり好きじゃない。

別に人嫌いとか話すのが嫌とかいうわけじゃないんです。人と話すのは楽しいし、それで元気をもらうこともあります。誰かと一緒だから出来ることもありますしね。

 

それでも、基本一人が好き。

なんでかって言うと、楽だから。これに尽きます。

気を遣うということをしなくていい。自分の好きなように動ける。 

全てにおいて自由なんです。

誰かと一緒にいると、少なからずその人からの影響を受けることになります。

それによって傷ついたり、ヘンに考え過ぎたりすることもあると思います。

私の場合はこれが人より顕著なんですね。杞憂に終わったり単なる被害妄想なことも多々あるんですが、それでもこういう性格だから仕方ない。感受性が強いんでしょうね。

だから自衛しないといけないんです。

そのうえ人から干渉されるのも大嫌いという。

 

よって、誰かと行動を共にするとしても2人がほとんどです。

人数が増えれば増えるほどしんどくなる。団体行動ができないタイプ。

もちろん場合によって臨機応変に合わせることはしますが。決して本意ではないです。

 

仲良しこよしが嫌いなタイプで。昔からね。

誰かを待つぐらいなら自分でサクッと片付けたい。

やることやったらさっさと帰りたい。こんな感じ。

 

なので職場の飲み会とかにも行きません。以前は行ってたんですけどね。その時は苦痛ではなかったから行ってました。

今はもう、行こうと思わないですね。疲れるだけ。勝手にどうぞって感じ。

付き合い悪いなと思われたとしても「やることやってるんで」って堂々としてればいいから。飲み会も仕事のうちだなんてふざけんな、って思います。

 

ただの愚痴みたいになってきましたね。すみません。

 

 

ちゃんと休もうね

こんなことを考えてる私が気づいたこと。

それは、休日の必要性。めちゃめちゃ重要ですこれ。

 

早い話が休まないとやってらんねーじゃん、ってことです。

おすすめの過ごし方としては、自分の好きなように過ごす。そりゃそうか。

人と会いたくないなら無理に会わない。極端な話、会う予定があったとしてもお断りしていいと思うんです。断り方は慎重になる必要がありますが。

せっかくの休日に、無理してまで苦しい思いをしてまで会わなくていい。

そこで縁が切れるような人はそこまでです。自分のことを大切に思ってくれている人なら、必ず理解してくれます。

こういう日は心と身体を休める。これに徹するのが一番です^^

 

逆に、自分が楽しみに思える予定ならどんどん入れてOK!

これなら無理なくできますもんね。むしろ積極的にやりたいし。

ぜひ気分転換しましょう!

 

大切なのは、無理なく過ごすこと。

お休みの日にまで無理する必要はどこにもありません。

 

心は傷つきやすいんだよ

無理の怖いところは、知らず知らずのうちに積み重ねてしまうこと。

自分では大丈夫だと思っていても、ある日突然不調として表れることがあります。

こうなると思うんです。ああ、休めってことなんだなって。そしてちょっと反省もします。

神様がブレーキかけてくれてるんですね、きっと。無理し過ぎてるから止まりなさいって。

 

自分で思っている以上に、心って傷つきやすいものなんだなと気づきました。

打たれ強いと思ってる人でもね。

職場や学校で会うたくさんの人の言動、テレビやSNSから入ってくる膨大な情報、自分の頭で考えてしまう心配事などなど。

様々なことからの影響を心は日々受け続けています。

良い影響ももちろんあるけれど、受けたくない影響もたくさん。

そうして心のダメージは蓄積されていきます。

 

だからこれを自覚することが大切になってきます。

「大丈夫」と思い込まない。意識して心を休めてあげる。

リラックスできる音楽を聴くでもいいし、好きな写真を眺めるでもいいし、本を読むでもいい。

瞑想するのもいいですが、目を閉じるといろいろ考えが浮かんできやすいので、そこは気をつけてくださいね。

あくまで心を休めることが目的です。

 

まさに休む日=休日

楽しむのもありですが、しっかり休むことも心掛けたいですね。

そうすることで、ゆっくり休めた安心感みたいなものも得られますよ。

 

 

無理をしないで

一番伝えたかったメッセージはこれです。

へたに無理すると心にも身体にも差し障ります。

無理していいのは、元気な時だけ。

そう思ってます。普通に考えてそうですよね。

元気なら多少の無理もきくし、疲れたってすぐに回復できる。

 

でもそうじゃない時もある。

しんどい時は無理しない。これです。

とはいえ周囲のこともある。休んだら迷惑が掛かる。罪悪感も感じる。

良くも悪くも日本人なんですよね。真面目で勤勉で空気を読む。いいことなんですが。

それでも自分が壊れてしまってはなんにもならない。

仮にそうなったとしても会社や世の中は回るんですよ。自分の犠牲なんて無かったかのように、何事もなく。

アホらしいと思いません?だから自分だけが背負い込む必要なんて全くないんです。必要以上に責任を感じなくていい。

 

自分が一番、自分を大切にしてあげてください。

自分の心は自分で守ってください。

 

やれる時はやればいい。出来なそうならやらなくていい。

無理しなくていいんです。

自分の心の状態は自分が一番分かります。

 

心は自分そのものであり、本心です。

背くことなんて出来っこない。

心のまま、あるがまま。

従うはただ、己の心のみ。…名言っぽい!

 

どうか心の声に耳を傾けることを忘れないでください。

 

▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫

 

自分自身の弱さと傷つきやすさを自覚したことで、伝えたかったメッセージでした。

 

自分は周りの人たちと違ってると思っても、自分だけが変な気がしても、そんな自分を認めてあげてください。

周りは周りで、あなたはあなたです。いろんな人間がいるんです。それでいいんです。

周りに合わせられない自分を責めないでください。勝手に劣等感を感じないでください。

ひとりじゃないんだよ!

 

毎日毎日考えないといけないことで頭がいっぱい‼ストレスフル‼な人もたくさんいます。

そんな日々の中、この記事を読んで少しでもほっとしたり励まされたな、と思ってくだされば嬉しいです。

 

最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【今市隆二ラジオ】J-WAVE SPARK★ファンなら絶対聴くべき!その魅力とおすすめする理由★

毎週木曜日の夜12時。今市くんがラジオ番組を担当しているのをご存知ですか?

あの甘くて優しいセクシーな声が聴ける、週イチの癒やしの時間なんです♪

ここでしか聴けない情報あり、直筆サインあり…。とにかく聴かないなんてもったいない!

今回は1時間の放送の中にたっぷり詰まった魅力をお伝えします!

 

▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫

 

『SPARK』の魅力について、私の中の勝手な優先順でご紹介★

  1. 生の声が聴ける
  2. 最近の出来事を話してくれる
  3. ライブの感想を話してくれる
  4. リスナーからのメールを読んでくれる
  5. リスナーが参加できる
  6. 新曲をいち早くオンエアしてくれる
  7. 癒やされる

7.は決して優先度が低いわけではなく、むしろ最も重要かもしれない項目です。

順位どうこうじゃなく、これに関しては特に伝えたいことがあるので、あえて最後に置きました。

 

それでは、上から順番に具体的に書いていきます!

 

▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫

 

1.生の声が聴ける 

これはもうラジオの最大の魅力でありメリットと言ってもいいですよね。

テレビ画面を通してではなく、携帯やイヤホンから聴こえる大好きな人の声ってのはもう、最高ですね(*´∀`)♪

 

これはリアタイしていればなおのことです。

今まさにこの瞬間に話している、その人の最新の声なわけです。

録音された声じゃない、生きている声。

遠くにいる憧れの人でも、「あぁ同じように生きてるんだなー」という当たり前のことを改めて感じます。

 

毎週聴いていると、その日の今市くんのテンションが声の調子で分かるようになってきました。

「今日は楽しそうだな」「今日は疲れてるな」とか(笑)

オープニングの第一声で、瞬時に判断できるという。

 

なにせ毎週です。

放送は週一回。けれど、その日がライブや移動の日だってある。

こういう日はさすがに声がお疲れモードです><

そりゃそうですよね。聴くのも辛くなるぐらいの回もあったりしますが、それでも毎週欠かさずその声を届けてくれることにいつも感謝しています。

ちなみにこういうお疲れな日は、今市くんが話す時間がちょっと削られて、曲を流す時間が長めになります。

たくさん話すのが辛い今市くんへの、番組スタッフさんの配慮なんだろうと思います。

それが感じ取れるから、こういう日はこちらも見守るような気持ちで聴いています。

ラジオも仕事とはいえ、疲れてるのに今週もありがとう。

自然とそんな気持ちになります。

 

2.最近の出来事を話してくれる

こちらはコーナーというわけではないんですが、オープニングあたりでいつも今市くんが話してくれる時間があります。

来日している海外アーティストのライブに行ったとか、 誕生日を祝ってもらったとか、親知らずを抜いたとか(笑)

テレビなど他のメディアでは知ることのできない彼の日常を垣間見れるようで、個人的に毎回楽しみにしている時間です。

 

あと、番組内には「Ryuji's favorite album」というコーナーがあり、毎週今市くんイチオシのアルバムや最近よく聴いているというアルバムを紹介してくれます。

洋楽がメインですが、「こういう音楽が好きなんだ」とか「海外では今こういうのが流行ってるのか」といった発見があります。洋楽に詳しくない私にとっては、ちょっとした勉強のような時間でもあります。

 

こちらのコーナーでは、毎週1枚のアルバムがピックアップされます。

そのためにいくつもアルバムを聴いてその中から選んでいるそうで、これって結構な労力ですよね。

ただ選ぶだけでなく、紹介するコーナーなので、そのアルバムについて説明できるようにしないといけない。そこに自分で聴いての感想も交えてくれます。

それが決して小難しく言うことなく、素人の私にも分かりやすく噛み砕いた内容なんです。尚且つ、そのアーティストへのリスペクトも感じられる説明となっていて、毎回彼の言葉の表現力に感心させられています。

 

忙しい日々の中で時間をつくって、リスナーに国内外の様々な作品の魅力を届けてくれる。簡単なことではないはずです。

真摯に仕事と向き合う彼の姿勢までも感じられるようで、ここでも改めて感謝したくなります。

 

3.ライブの感想を話してくれる

1.でも少し触れましたが、ラジオの放送日がちょうどライブ当日、もしくはツアー期間中なこともあります。

こういう日の放送では、直近のライブの感想を自ら話してくれるんですよ♪

これすごく貴重ですよね。

その日だからどこよりも新鮮。ステージに立った本人の声だから、誰よりもリアルな感想。

改めてそのツアーに込めた想いや熱意を話してくれたり、あとご当地グルメや舞台裏のエピソードなんかも。

ここでしか聴けない話が満載なんです!

 

これからそのライブに参戦する予定なら当日がますます楽しみになるし、既に行った後なら一緒に思い出を振り返ることができます。

ご本人が話す感想でこれができるなんて、幸せなことですよね♪

 

2017年7月には横浜アリーナJ-WAVE LIVEが開催され、今市くんは最終日・大トリでの出演でした。

そこにこのSPARKのスタッフさんが出向いて、ステージに上がる直前と終わった直後の彼の声を収録する、という試みが行われました。

そしてその音声が、ライブがあった週の放送日にオンエアされたんです。

 

個人的にこれ、めちゃめちゃ嬉しかった(*^^*)

なんとか一般で取れたチケットで参戦した、どうしても行きたかったライブだったんです。

 

ステージはもちろん素晴らしかったんですが、その直前と直後に録ったご本人の声なんて、たぶん他では聴けなかったんじゃないかなと思います。

雑誌等にインタビューは掲載されても、それは活字であり後日談。

そうではなく、リアルタイムに彼の口から発せられる声で“聴く”ことができた。

それもリハーサル直後や出番直前の高ぶった様子で。終了直後のまだ興奮冷めやらぬ様子で。

この熱量と鮮度の違いは歴然ですよね。

 

しかも。このライブにはNAOTOさんと臣くんも観に来ていたそうで^^

なんと終了直後にこの2人にも感想を話してもらっていて、その音声もオンエアしてくれたんですよ!

今市くんは2人が来ていたことは知っていたそうですが、感想を録っていたことは知らなくて、放送中に初めて知らされて驚いていたのを覚えています。

やっぱりメンバーが観に来てくれるのは嬉しいみたいで、こちらも観に行った側ながら、なんだか微笑ましい気持ちになりました。三代目の仲の良さを感じましたね♪

 

そんなこんなで、本人の声で情報を得られるラジオはやはり大切なメディアだなと実感した次第です。

 

4.リスナーからのメールを読んでくれる

SPARKに限らず多くのラジオ番組で実施されている、この手の企画。番組によってはハガキの場合もありますね。

贔屓にしている番組がある方は、一度は送ってみようかなとか選ばれてみたいなと思った方も多いかもしれませんね。

その気持ちめっちゃ分かります‼‼

だって、憧れの大好きなあの人が読んでくれるんですよ。自分が送ったメッセージを。呼んでくれるんですよラジオネームを!

想像するだけでドキドキですね~♪

読まれてる人のメッセージを聴いては、いつかは自分も…って思っちゃいますよね。

 

もし送ろうか迷っているのなら、まだ一度も送ったことがないのなら、是非送ってみて!!と声を大にして私は言いたいのです。

 

もったいぶらずに先に書くと、私選ばれました!それも2回!!

自慢かよと思わずに。選ばれた経験があるから、この記事で伝えられることがあります。

 

私の場合は、どうしても選ばれたい!と必死に願っていたわけではなく、オンエアされた新曲の感想が自然と頭に浮かんだので、純粋にそれを伝えたいと思って送りました(ちなみに2回とも新曲の感想で採用されました)

なので放送中にメール紹介コーナーが始まってもドキドキすることはなく、普段通りに楽しく聴いていました。

そしたら携帯から(いつも携帯のradikoで聴いてる)自分のラジオネームを呼ぶ今市くんの声が!

人とかぶりにくいラジオネームにしてたのですぐに気づきました。

2回目にいたっては本名にしたので、さらにびっくりで。

本名で呼んでほしかったんです…!

 

もう手が震えました。感激してちょっと泣きました。2回とも。

信じられなくて、こんなことある?って何回も言って。

間違いなく、私が送ったメッセージが読まれていました。

 

そんな私の感想を読み上げた後、今市くんがコメントをくれるんです。

歌ってるご本人が私の感想に対してコメントくれるって…

こんなことある??ってもう本当に何回言ったか。夢みたいでした。

 

それまでにも何回かメールは送っていました。

いわゆる“ふつおた“です。特にテーマのない、普通の質問とか。

10回ぐらいは送った気がします。でもそれは一度も採用されず。たかだか10回程度でもう諦めてましたね。自分が採用されることはないんだと。

超絶人気の三代目・今市くんのラジオですからね。そりゃ母数が違うってもんですよ。

選ばれるような人は特別なんだと思ってました。

 

SPARKでは、不定期で“ステッカー祭り”という企画が実施されます。

メッセージが読まれた人には今市くん直筆サイン入りの番組ステッカーがプレゼントされるんですが、この企画では読まれた人+10人にも、このステッカーがプレゼントされるんです。

 

読まれることを諦めていた私は、もはやこれ狙いでした。

本当は読まれたいけれど、直筆サインが貰えるならそれで十分。そう思ってました。

でもこれでも当たらない日々。

いつしか送ること自体、しなくなりました。

放送そのものは変わらず毎週楽しみに聴いていましたが、完全に聴くだけでした。

それが良くないとは言わないんですけどね。そういうスタンスの人もたくさんいると思います。ただ、私は参加するのをやめた、という感じです。

 

だから先に書いた通り、新曲の感想も選ばれたい!というよりかはただ純粋に伝えたいから送った。そんな感じの動機でした。だから仮に選ばれなかったとしても特に残念がるとか悔しがるとかはなかったと思います。

 

それがどっこいまさかの当選っていう。こんな日が来るなんて。

もう自分が読まれて以降の曲とか全然耳に入ってこなかったですね(笑)それどころじゃなくて。軽くパニックでした。一気に体温が上昇したのを感じました。

 

膨大に来ているであろうメールの中から自分のが選ばれたことが本当に不思議でした。選ぶ基準なんてもちろんリスナーには分からないし、何がどう転んでこうなったのか、この日以降数日間考えてましたね。考えても分かる訳ないのに。

分かってるのは番組スタッフさんだけ。今市くんは放送中に読み上げる時に初めてそのメールを目にするようなので、選んでいるのはスタッフさん。

もうスタッフさんに感謝しきりでした…!

 

こういう経緯があって、参加することをやめていた私は、参加する喜びを教えてもらえました。

ラジオはリスナーと作るメディアだと聞いたことがありますが、その意味がようやく分かりました。

そして日々の生活に彩りを与えてくれました。何気ない毎日も幸せな気持ちで過ごすことができています。

後日自宅に届いた今市くん直筆サイン入りステッカーは今、2枚ともフレームに入れて大切に飾っています。毎日それを見ては、癒しと幸せをもらっています。

本名を書いてくれてるよ。とってもきれいな字だよヽ(*´▽)ノ♪

 

メッセージを読まれたその時だけ嬉しいのではなく、それ以降もずっと幸せが続く。

SPARKはそんな喜びも教えてくれました。

そして自分がリスナーであることも、改めて実感しました。

特別でもなんでもない自分でも参加できたことで、自信がついた気もします。

ふつおたではなく新曲の感想だったので、自分が感じたことをしっかり伝えたいと思い、内容のある文章を書いたつもりでした。

ですので、選ばれたことでそんな自分の文章への客観的な評価をもらえたようにも感じたんです。文章を書くことが大好きなので、この意味でも本当に嬉しかったですね。

 

ということで、今市くんのファンならSPARKにメッセージを送る価値は絶対にある!!

というお話でした。

諦めたらそこで試合終了…だよ!

 

5.リスナーが参加できる

“夢を応援し、形にする”というコンセプトがあるSPARK。

リスナーからの夢に関するお悩みに答えてくれたり、いろんな作品を募集して、それを紹介してくれたりします。

リスナーが作曲したピアノの音声・歌を吹き込んだ音声・作詞した歌詞などなど。

中でも私が楽しみにしているのが、ステッカーデザインです。

 

今市くんが直筆サインを書いてくれるステッカー。

そのデザインはリスナーが考案したもので、半年ごとにリニューアルされます。

一度の放送で3枚(1人のリスナーにつき1枚)を紹介→それを何週か繰り返して、最終的に今市くんが気に入ったものを選んで決定!!

という流れになっています。

 

ラジオなのでもちろん言葉でどんなデザインかを伝えてくれるんですが、番組ブログに画像もアップしてくれるので、ちゃんと確認できます。

本当にどれも送り主の個性が色濃く出たデザインで、毎回ワクワクしながら聴いています^^

今市くんも放送中に初めて見るようで、気に入ったものとそうでないものの時のリアクションの差が分かりやすいです(笑)

けっこう露骨…(^^;

採用を勝ち取るためには『デザインそのもの+サインしやすいかどうか』も大切みたいです。そもそもサインする前提ですからね。

 

私もデザインしてみたい気持ちはあるけれど、皆さんどうやってされているのか全く分からず。

しかしだからと言って決して他人事ではありません!

新たに決まった新デザインのステッカーで、今市くんがサインを入れてくれたものが当たるかもしれませんからね!

そうイメージしておいた方がいいかもですね。このデザインで貰うんだ!って。願えば叶う☆

 

SPARKは“参加型”ラジオ!一緒に番組を盛り上げていきましょう♪

 

6.新曲をいち早くオンエアしてくれる

こちらは今市くんがメインパーソナリティを努めるラジオだからこそですね。

想像ですが、たぶんご自身の中でもまずSPARKで流したい、という想いがあるのかもしれません。

何しろ歌っている自分自身の言葉で曲について説明できますからね。制作エピソードだったり、曲に込めた想いだったり、作詞・作曲を担当した方とのやり取りだったり。

嬉しいんでしょうね、やっぱり^^

弾んだ声を聴くと、その気持ちが伝わってきます。

 

“いち早く”ということは、まだこの時点では他のメディアでは一切公開していないということ。

どこよりも早く先行で聴けた!と思うとちょっと優越感というか、得したような気分にもなります。

 

自分の冠番組であるSPARKで、自分の言葉で曲紹介をして、リスナーに聴いてほしい。

今市くんのSPARKへの想い、一つひとつの曲への想いをより強く感じます。

 

7.癒やされる

一番最後に持ってきてしまったけれど、一番重要なこちら。

 1.生の声が聴ける  にも通ずる項目になります。

 

大好きな人の声の癒やし効果は本当にすごいなと、毎週感じています。

声質がね、ボーカリストだけあっていいんですよーーー…

聴いててとっても心地いい。ずっと聴いていたい。ボイトレや練習の成果でもあるとは思いますが、やはり天性によるものが大きいんでしょうね。

甘くて優しくて色気のある声なんです。

リスナーの方ならきっと同意いただけるのでは^^

テレビ等で聴くだけでも素敵な声なのに、ラジオだとより長く話してくれるのでなおさらですね。

 

もともとラジオを聴く習慣はなかった私ですが、三代目を応援し始めてから、このSPARKだけは毎週欠かさず聴いています。何回か忘れて聴き逃したこともありますが。

 

週によってテンションが違うことがある今市くんではないですが、こちらも元気な日もあれば落ち込んでる日、疲れきった日、泣きたい日、いろいろあります。

人間だもの。

 

でもどんな自分でも、SPARKだけは聴いてました。

聴いてる間は、ネガティブなことを忘れられるから。

今市くんの優しい声を聴きながら、まるで子守歌を歌ってもらっているような心地よさに包まれていました。

楽しそうに笑う声を聴くと、自然とこっちまで笑顔になるんですよね。

 

あともう一つ。

音楽を中心に放送してくれるSPARKならではの癒やしがあるんです。

先ほどのアルバム紹介コーナーでの洋楽のほか、三代目の楽曲や今市くんのソロ楽曲もオンエアしてくれます。

季節に合わせた曲だったりその日話題に上った曲だったり様々ですが、その日チョイスされた曲がその日の自分のテンションと一致した時は、めっちゃ嬉しくなります。

 

元気な日にノリノリの曲だった。逆に泣くほど心にダメージを受けた日に、優しく語りかけるようなバラードだった。 

私の場合、特に響くのは後者です。

 

歌詞といい曲調といい歌い方といい、まさか私のために今日この曲をチョイスしてくれたのかと思うほど、本当に心にぴったりとフィットすることがあります。

“心に刺さる”ってこういうことを言うんだなと実感します。

驚きますよーこれ。自分の心を見透かされたような気がします。絶対そんなわけないんですけどね。 

 

そうして聴かせてもらった曲は、その日の荒んでやさぐれた私をフルで癒やしてくれる、最高のヒーリングミュージックになります。

今市くんがその曲をチョイスした理由はもちろん知る由もないけれど、曲の受け取り方は人それぞれ。同じリスナーが聴いても気分によって受け取り方が変わるんだから、本当に千差万別です。

ただ素直に、「今日この曲かけてくれてありがとう」と思えます。

毎週、日本中のどこかの誰かがこんな感謝の気持ちを抱いているんでしょうね、きっと。

そう思うと、ラジオって素敵だなぁ…としみじみ思います。

どこかテレビにはない温かみを感じます。声の主の人柄まで伝わってくるようで。

 

真夜中の放送。

静かな部屋で、一日を終えてちょっと疲れた身体で、じっくりと癒やしの声と音楽に耳を傾ける。

そんな時間が私は大好きです。

 

▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫

 

以上、私が思うSPARKの魅力について書いてきました。

文章に起こしてみるとこれだけあるんだなーというのが率直な感想です。

いやもしかしたらもっとあるかも!

 

一度聴いてみると、きっとまた次の週も聴きたくなるはずです♪

 

この声をまた聴きたいな、次は何の話をしてくれるかな、次こそはメール読まれるかな…とか^^

 

人それぞれにいろんな感想を抱いて、また始まる一週間の活力にしたり、疲れた心を癒やしたり。番組内で紹介された洋楽をチェックしてみたり。

受け取り方や聴いた後のアクションは様々です。

唯一共通していることは、幸せな気持ちで眠りにつけること!笑

 

今市くんが気持ちを込めて届けてくれるラジオ。

一人でも多くの方が聴いて、SPARKのファンが増えてくれたら嬉しいなと思います。

一緒に番組と今市くんを応援していきたいですね。

 

最後までありがとうございました(^^)/

 

 

 

 

【ミュージックビデオ】今市隆二■LIGHT>DARKNESS/セクシーに魅せる☆発見と可能性を感じさせる新たな挑戦

RYUJI IMAICHI名義で初のアルバムとなった『LIGHT>DARKNESS』。
今回はその中のミュージックビデオだけに特化したレビューです。
ソロとしての映像作品を通して見えた、新たな一面。
少しでも共感してもらえたり、何か発見に繋がるような記事になっていれば嬉しいです。

どうぞ最後までお付き合いください♪


▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫

収録されてるのは5曲+メイキング+2曲!

  1. ONE DAY
  2. ANGEL
  3. THANK YOU
  4. ALTER EGO
  5. LOVE HURTS feat.BRIAN MCKNIGHT
  6. BHIND THE SCENES
  7. CATCH MY LIGHT/OUT OF THE DARKNESS


▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫


+2曲と書いたのは、7.の2曲はアルバムには収められておらず、スマプラムービーにのみ収録されているから。
このアルバムを象徴する2曲なのに別枠というのが意外でしたが、ある意味購入者の特典みたいなものなのかもしれませんね。

各曲のオフショットや制作の裏側を捉えたメイキングは6.となっています。

それではいってみましょう!


1.ONE DAY

愛する人と過ごせる、“ラスト一日”。

そんな究極の一日が、静かな空気の中始まります。
今日が最後。愛しているけど、愛されているけど、もう二度と会うことはできない。
それを知っている2人の切なさと悲しさに終始包まれます。

全体を通して、今市くん演じる彼が、彼女との思い出を様々な手段で記憶と記録に残そうとします。
味覚以外の五感をフルに使って、これでもかというくらい彼女を感じようとします。
これほどまでに彼女を愛したことを心に刻み込むように。


プールサイドに腰掛ける彼女をカメラに収めて、記録に残す。

暗室で現像した写真を眺めて、彼女の姿を目に焼きつける。

オイルでマッサージして、彼女の肌の温もりを感じる。

一緒にシャワーを浴びて、二度と触れられない素肌の感触を手に残す。


中でも印象的だったのが、白く薄いカーテンの向こう、テラスで抱き合ってキスをしているシーン。

今日一日ずっとお互いを感じて愛し合ってきたけれど、いよいよその終わりが近づいたことを感じさせます。

ファンの方の中には「見たくない!」と思う方もいるかもしれませんね。演技とはいえ。気持ちはわかります(^^;

でも、2人の置かれた状況は、”ラスト一日“。
受け入れたくないけど、受け入れるほかない。
押し寄せる切なさと悲しさの中でそんな決意も感じさせるこのシーンが、この作品にとってとても重要だと思っています。

サンセットに包まれながら、白いカーテン越しに白いニットを着た2人が、最後の時を惜しむ。
極限の愛を感じる、この美しいシーンが私は大好きです。


そして本当のラスト。
写真に撮ったはずの彼女の姿が、ふっと消えるんです。蒸発したかのように。

より儚さを助長させますね。
「本当に消えてしまったのか、それとも初めから無かったのか」
今市くん本人談ですが、まさにこちらにもそんな余韻を残す、切ないエンディングとなっています。


もう一つ後日談ですが、ラストに近い辺りのテラスでのサンセットのシーン。
撮影中、なかなかきれいな夕陽が出なかったそうです。それが一度だけバッチリ出てくれたそうで、そこで一発で録った、とのこと(J-WAVE ラジオ「SPARK」より)

おかげでこんな素晴らしい作品が完成して、監督やスタッフさんも皆喜んだでしょうね♪

あと個人的に、2人でペアっぽく着てる白いニットが好きで^^
ピュアな感じがして、あのシーンにぴったりだなと思います。


2.ANGEL

こちらは「ONE DAY」とは打って変わってアップテンポなナンバー。
ただ、明るくて楽しい雰囲気なだけではなく、そこに“復讐”の意味も込められたことが意外でした。

この作品の面白いところが、登場人物一人ひとりにキャラ設定があって、ちゃんと役名もあるところ。
実際に呼び掛けたりするシーンはありませんが、MVでここまで作り上げるのも珍しいと思います。

また、その独特で不思議な世界観にも引き込まれます。
カラフルな衣裳とメイクに、蛇や馬が出てきたかと思えば銃撃戦をしたり。このシュールさがなんとも言えませんね!

その中で今市くんは一切歌わない!ここもポイントです。これも珍しいですよね。
シーンによって流れはしますが、歌ってるシーンはないままストーリーが展開していきます。

あと見どころとしては、今市くんの肉体美!
「ONE DAY」でもそうですが、引き締まった腹筋を惜しげもなく披露していて、目が釘付けになります♪


ストーリーの核となっている“復讐”ですが、今市くん演じる彼の恋人が殺されてしまい、彼がそれを知らされたことから始まります。
犯人チームのボスは、蛇がお友達の女。

そして例の銃撃戦へ(笑)
結末は、相討ち…と言っていいのか?
結局今市くんも撃たれて死んじゃうんですが、そこでは終わらず。なんとエンジェルとなって甦り、見事仇討ちを果たします。

羽根生えてる…笑
なぜか服装が青スーツに変わってる。

かたわらには、同じく羽根を生やしエンジェルとなった彼女の姿が。
今市くんに力を貸してくれたように感じました。

そして最後は2人で手を繋いで月を見上げて、見事にハッピーエンド♪天国でもラブラブですね。

見上げたお月様は、ハート型(笑)

ご本人もこのMVの仕上がりについて「まさかこうなるとは」と話していましたが、それそのまま、こちらの感想です(笑)


3.THANK YOU

今市くんがブライアン・マックナイトの自宅にホームステイして共に制作した、この曲。

こちらはストーリー展開ではなく、歌っているシーンをしっかり見せる作品に仕上がっています。

その場所は大きく分けて3つ。
1つ目は海岸。今市くんが好きだというサンセットに照らされながら、足だけ海に浸してます。
とてもきれいで、見ているだけで気持ちのいい潮風が感じられそうです。
上下デニムの衣裳も雰囲気に合っていて素敵ですね。

2つ目はビルの屋上。古着のような破れたTシャツにデニム。
そこでさらに高いアスレチックジムのような看板?に登って、手を伸ばして、空に声を届けるように歌います。

3つ目は、屋内に用意された水を張ったセット。
ゆったりとした白シャツ・白パンツに身を包み、白いスモークと柔らかな照明の中で歌います。
とても幻想的で美しい映像。
3つの場所の中で、この水のセットで歌うシーンが、一番彼の感謝の気持ちが伝わってくる気がします。

この雰囲気がそうさせるのか、祈りを込めて歌っているようにも見えて、彼の深い深い感謝の気持ちがこちらにダイレクトに届きます。

タイトルからして、ストレートに感謝を伝えたい!という今市くんの想いを感じ取ることができますよね。

壮大で美しい、感動的なバラードです。
ラストでこちらに手を差し出して歌う彼に、逆にこちらから「ありがとう」と伝えたくなります。


4.ALTER EGO

誰しもが胸に秘めている、“もう一人の自分”、“弱い自分”。
そんな自分との葛藤と、それを受け入れる覚悟と、希望。
誰かを助けるという行動を通して、この過程をたどっていきます。

初めYouTubeで公開されたMVでは後半がカットされていたので、正直意味がわかりませんでした。。
全て通して見てやっとわかったことが、今市くんはヒーローだということ!
「誰かを助ける」と書いたのが、彼がある女性を助けようとするところからストーリーが始まるからなんです。

恋人ではないようですが、今市くんはある人物からこの女性を助けるよう依頼されます。
そして悪い男?から見事救出することに成功!

おそらく彼は、このミッションを受けた当初はまだ弱い自分との葛藤のただ中にいたんですね。
そんな彼が、困っている彼女を助けるという過程の中で弱い自分も受け入れていき、最後には希望を見出だします。

荒野で、自分の中の葛藤を解き放つように今市くんが歌うシーンが効果的に使われています。

自分を見失いそうになりながらもなんとか繋ぎ止めて、弱い自分・ダメな自分もまるごと受け入れて、前を向こうとする。
役柄ではありますがそんな彼を応援したくなったし、ちょっと不器用なところも愛おしく思えました。


5.LOVE HURTS feat.BRIAN MCKNIGHT

こちらもブライアン・マックナイトと共作されました。
愛し合っている2人が別れを選んだ、その切なく悲しい感情がベースにあります。

離れないといけないと、男性側が気づいてしまった。
そこから思い出を振り返るように、幸せだった記憶をたどっていきます。

そのための表現として、カップル役の2人と周りにある物の動きが全て逆再生されます。
スロー再生されるその動きを見ていると、辛い中で思い出を噛みしめる2人の気持ちが伝わるようで、胸が締めつけられます。

こちらのMVにはブライアン自身も出演。
今市くんと共に、心を揺さぶるその歌声を響かせています。
彼らの表情にも気持ちが乗っていて、この曲が持つ切なさ、愛の重さのようなものがガツンと伝わってきます。


そしてラストには、2人が幸せな時間を過ごしたベッドの上に戻ります。

今市くんとブライアンの歌声を聴きながら、いつしかこちらも辛い決断をしようとする2人に感情移入してしまいます。

流れるようなメロディーが美しいバラード。
自分自身の過去の恋愛を思い返しながら聴きたくなる人も多いかもしれませんね。


6.BHIND THE SCENES

アルバムに収録されている5曲のメイキング集です。

今市くん本人に加えて、ブライアンや監督、スタイリストのインタビューが収められてるのがいいですね!
完成されたMVを見るだけではわからない背景を知ることができます。
「こういうイメージで撮影した」「こういう狙いがあった」「撮影中、ここが嬉しかった」等々。
知る前と知った後では全く違って見えるはず。

他にもまさに「メイキング!」と言えるところでは、撮影された直後の映像を確認する、今市くんの真剣な表情もいいですね。
自分の動画をまじまじと見るなんて私なら躊躇してしまいますが、そこはプロのアーティスト。
全てはいい作品を作るため。自分のイメージをしっかりと形にするため。
妥協せず、同じくプロの制作チームと共に一つ一つ丁寧に作り上げていく過程が映し出されています。

そんな普段見られない裏側の姿、今まさに制作真っ最中の現場の空気感を感じられる貴重な映像だと思います。


個人的に好きなのが、その自分自身の映像を確認した今市くんのリラックスした表情(^^)
真剣なのももちろん素敵なんですが、にこやかな表情からは現場の雰囲気の良さが伝わるし、何より癒されますね♪

あと、ブライアンの人柄!あんなにお茶目で陽気な人だったなんて!
とても身長が高い人でちょっとコワモテ?な外見からして、私の想像をいい意味で裏切ってくれました。

ロケーションが垣間見れるところもいいですね。
中でも「ANGEL」!すごく見晴らしのいい高台というか山の上のような所に建つ、白くておしゃれな別荘かのような建物。

そのバルコニーを歩くシーンに映る景色!
実際にご自身の目で見た今市くんが羨ましくなるほどの絶景です。

また、「THANK YOU」の水のセットの規模感や「ALTER EGO」で車を走らせているように“見せている”ところなど、楽しめるポイントがいくつもあります。

メイキングってやっぱりいいですね♪
今回のアルバムにも収められていて良かったなと、素直に思いました。


7.CATCH MY LIGHT/OUT OF THE DARKNESS

アルバムの“光と闇”を象徴する2曲。
別々ではなく、2曲がひと繋ぎになったような仕上がりです。
それぞれのタイトル通り、LIGHTの方は明るく華やかな雰囲気、DARKNESSは確かにダークサイドな感じがします。

こちらの見どころは何と言っても、今市くんのダンス!
三代目のライブや過去のソロ曲でも既にダンスは披露していますが、ここまでがっつり踊るのはおそらく初めてかなと思います。

周りで一緒に踊るダンサー達にも全く引けを取らないキレのある動きは、ファンにまた新たな魅力を提示してくれましたよね。
本人談によると「何回も練習した」そうで^^
それでもこのクオリティにまで持っていけるのは、やっぱり元々の運動神経とセンスの賜物なんでしょうね。

このダンスは、個人的には今回のソロとしての彼の挑戦の中でも、かなり大きな発見になりました。


で、そのMVはと言うと、なかなか理解するのが難しい内容でした…。
もちろんダンスや歌っているところなど、今市くんのパフォーマンスそのものはカッコいいんですが、いかんせんストーリーが謎でした。。

2曲が繋ぎ合わさったMVではあるんですが、その中で他のソロ曲も絡んできます。
「ANGEL」「ALTER EGO」「ONE DAY」。
それぞれのMVでキーパーソンとなっていた、相手役の女性たちが登場。

実は最初から繋がっていたんだよ、という意味なのか、絶対何かしら意図はあるはずなんですが、私には汲み取れませんでした('ε'*)


あと演出もシュール過ぎて、理解できないままに笑えます。
・三輪車←大の大人たちが真顔でこぐ。今市くんもこぐ
・やたら笑うおっさん←金色の仏像のアイスみたいなん売る
・ギラギラメタリックなメイク
・全身青いインドの神様っぽい女性←頭が金色の仏像。木馬乗ってる

…理解しようとしない方がいいのか?Feelした方がいいのか?(笑)
これは是非逆に、皆さんに感想を聞いてみたいですね!


とにかくダンス!!ダンスカッコいいです!
特にDARKNESSの方。黒のロングコートと目深にかぶったキャップ。
まさにダークサイド感たっぷりにクールにダンスをキメる今市くん、素敵です♪
小顔が際立つなぁ~と見るたびに思ってます(笑)


▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫


初・ミュージックビデオだけのレビューを書いてきました。

全体を通して思ったのが、似たようなものは一つとして無くて、それぞれでしっかり“RYUJI IMAICHI”というものを表現しているな、ということでした。

曲ごとのテーマや雰囲気に合わせて、今市くんも七変化!
セクシーであり、男らしくもあり、優しくもあり、かわいくもあり。
毎回いろんな姿を見せてくれる彼に魅了されっぱなしでした。
YouTubeで先行で公開されるたびにドキドキして、それを見てはまたドキドキして(笑)
そんな気持ちを思い出します。

そしてその中には、ソロだからこその様々な挑戦が盛り込まれました。
きっと今市くん的にも試行錯誤しながら取り組んだんだろうなと想像します。何しろ初めてのプロジェクトですもんね。不安もあったことと思います。

それでも!今こうしてソロ活動の集大成とも言える作品を届けてくれたことに、改めて拍手を贈りたいなと思います。

これによって、私たちは彼について新たな発見をすることができ、また未来への可能性も感じました。

この自信は彼の歌手人生において、とても大きな財産となったはず。
これからも三代目としてソロとしてますます輝きながら、きっと変わらずに私たちを魅了し続けてくれますね^^


こちらのアルバムのCDについては、この記事で書いています。
併せて読んでいただけたら嬉しいです。
garinotagari.hatenablog.com


それでは、今回はここまで。
最後までお付き合いいただきありがとうございました(・∀・)ノ









見れたらラッキー!『ダブルレインボー』を見た意味■幸せのメッセージ-いいことがある?-

大空に2本同時に架かる二重の虹・ダブルレインボー。
そんな天からのラッキーサインを見たあなたの心に届くメッセージがあります。
今、落ち込んでいたり悩んでいたり自信を無くしている人に伝えたいこと。


ダブルレインボーは、幸運の象徴として「卒業祝福」の意味を持つとされています。

また、見る人によって受け取るメッセージが変わるものでもあると思っています。

今回はそんなダブルレインボーについて、私自身が感じた想いを中心にお伝えしていきます。


▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫

そもそも

虹というものができる原理ですが、必要なのは空気中の水滴と太陽光。
その水滴に太陽光が反射・屈折してあの7色のアーチが形成されるらしいです。

が、今回はそういったお話ではなく気持ちの面ですので、少しスピリチュアルに寄ったお話になります。



なぜ今回この題材で書く?

それは、「ダブルレインボーが心の支えになってくれたから」というのが理由です。
だからもし私と同じような境遇の方がいたら、きっと大丈夫だよ、と伝えたくて思い立ちました。

最後までお付き合いくださったら幸いです。



ダブルレインボーを見た頃は

ちょうど仕事のことで思い悩んでいた時でした。実を言うと今もそうなんですが。

自分は自分なりに頑張っている。「ここまで行きたい!行かないといけない!」という目標というかノルマにも似たものがある。

でもそれができない。つまずいたり障害が出てきたりして、時間がかかってしまって結局達成できない。
そんな日が続きました。

追いつきたいという必死な気持ちとは裏腹に、目の前の現実がそうさせてはくれませんでした。

気持ちに行動が追いついてきませんでした。

少し言い訳がましくなりますが、そこには不可抗力と言えるものも原因の一つとして存在していました。

でもそんなの気休めでしかなくて、結局“未達に終わった”という事実だけが残ります。
それが最終的な評価になるし、それが全てです。
プロセスじゃなく、結果。
結果が全て。


できない自分が悔しくて、気持ちだけはしっかり持っているのに、追いつかせてもらえない状況が苦しくて、でも周りは易々と達成していて。

その落差に愕然としました。自分は何やってんだ、って情けなくなりました。


こうなると思考はどんどん闇に堕ちていくもので、「自分がいる意味って無いんじゃないか」「自分が消えてもなんら問題ないんじゃないか」とかまで考えました。
自分の今の場所での存在価値を見失っていました。


…暗いですよね。とっても。
愚痴ばかりになってすいません。
でもそんな暗ーい私の目の前に、ダブルレインボーは現れてくれました。


曇り空の、その大きな雲に突き刺さる感じで、はっきりと濃い色の虹が架かっていました。

私の職場はビルの29階にあります。そんな高層階から見た虹はとても大きくて、思わず感嘆の声をあげてしまったほど。感動しました。

時間帯は夕方5時半頃。
調べたところによると、午前中の太陽が高い位置にある時は、虹は低く小さめに出るんだそうです。
逆に太陽の位置が低い夕方には、高い所に大きな虹が出るんだとか。
太陽光が当たる角度による違いとのことです。

高層階から見てちょうど目と同じくらいの高さにあったので、そういうことだったのかと納得できました。


本当に7色の一色一色が濃くて、今まさに見頃!と言わんばかりに輝きを放っていました。
本当にきれいで、しばし時間を忘れて見入っていました。


そしてその時ふと、「大丈夫だよ、ちゃんと見てるよ」と言われたような気がしました。

もちろん虹から言葉が聴こえるなんてことはないので、あくまで“気がした”だけなんですが、そこにとても大切な意味があると思っています。

頑張る意味と自分の存在価値を見失っていた私は、このようなメッセージを受け取りました。

もしハッピーで前向きな気持ちの人が見たなら、きっとその気持ちは何倍にも膨らむでしょうし、もっとガンガン突き進んでいこう!と感じられると思います。

冒頭で『見る人によって受け取るメッセージが変わるもの』と書いたのはこのためです。

虹はきっと、その人に伝えるべきメッセージがあるから現れる。
だから、その時の自分が見たことに意味がある。

今日見るのと明日見るのとでは、受け取り方も違ってくるかもしれません。
そう思っています。



見渡してごらん♪

で、初めから見えていた濃ーい虹の周りをなんとなく見渡してみると、その外側にうっすらともう一本、虹が見えていました。

実は私ダブルレインボーを見るのは二回目で、初めて見た時もこの時のように外側の虹はごく薄く出ていました。

これまた調べたところによると、ダブルレインボーのこの濃い虹は主虹と言い、外側の薄い虹は副虹と言うそうです。
光の反射・屈折の関係でこうなるらしく、なんと色の並びも逆なんだとか!

自然の神秘ってすごいなぁと思わせられますが、二回ともそんなことは全く頭になく、ただただその美しさと二重虹の珍しさに見とれていました。



出会って良かった、その理由はね

私は今回こんな経緯でダブルレインボーに出会い、そして出会って良かったと心から思いました。その中身について。

冒頭で紹介した『ダブルレインボーは““卒業”“祝福”の意味を持つ』という点です。


卒業とは「あなたのこれまでの頑張りを労う」
祝福とは「これからあなたに幸せが訪れる」こういうことを表しているんだそうです。

自分の頑張りが無駄な気がして落ち込んでいた私には、これ以上ない労いのメッセージでした。
と同時に感謝の想いもわいてきて、自然と「ありがとう」と心の中でつぶやいていました。

だから、「ちゃんと見てるよ」と言われたように感じたことも、思い込みや勘違いではなかったんだなと思えました。
温かくて大きな安心感に包まれたようで、ほっとしたことを覚えています。

空はちゃんと見守ってくれてるし、私の頑張りは無駄なんかじゃないし。

しかもその頑張った分だけ幸せがやってくるんだとしたら、やってきて良かったなと少しは思えてきませんか?


そんなダブルレインボーからのメッセージを受け取って、涙が止まりませんでした。
蓋をして見ないようにしていた自分の気持ちが、一気に溢れてきました。
知らず知らずため込んでいたんですね。

だからそれを出しなさいよ、ということだったのかなと思います。ため込んじゃダメですよ、って。

涙はストレス物質を排出する、ということが科学的に証明されているらしいんですが、それも実感しました。
泣いたらすっきりしてました。

そして頑張ってた自分も落ち込んでた自分も辛かったことも、まるっと受け入れられるようになりました。
そういうのも含めて自分だから、って。



それからはね

この時見たダブルレインボーが心の支えになってくれています。

大げさに聞こえるかもしれませんが、「あの時私のために現れた」と本気で思っているので、今は強力な後ろ楯を得たような気持ちで、これからも頑張ろうという思いでいます。
見守ってくれてますからね♪


以上、私がダブルレインボーを見て感じたことたちでした。

長々と書いてきましたが、一番何を伝えたかったのかと言うと、
『空は見守ってくれてるよ』
『あなたの頑張りは無駄じゃない』です!!

今、私と同じように落ち込んだりしてネガティブになっている方に、特に届いてほしいなと思っています。
そしてしんどい時は無理をしない。泣きたい時は泣く。

もっと自分の心に正直に向き合ってあげてください。
背いたって決して上手くいきません。心は無視できません。

自分を大切に、生きていきましょう:-)



☆おまけ☆
“ダブルレインボーが出ている時に願い事をすると叶う”という言い伝えがあるそうです。

なので初めて見た時に、実際に心の中で唱えてみました。
そうしたら本当にその願いが叶ったんですよ!
とっっても幸せでした。

4ヶ月かかりましたが。
人によっては1ヶ月後だったり一年後だったりするみたいですが、とにかく叶った!という事実が嬉しくて。

ですので今回もちゃっかりお願い事をしました。
きっと叶うと信じて☆
(落ち込んでたくせにこういうことはするっていう…笑)

でもこういう風に前向きな気持ちにさせてくれるのも、ダブルレインボーの力なのかもしれませんね。

ちなみに願い事を唱えるのは一度だけでOKだそうです。
そうとは知らず何度も唱えてしまってたんですが、ちゃんと叶ったんで問題なかったかと(笑)


それでは、今回はこのへんで。
皆さんにもいいことがありますように..★*☆♪

最後までありがとうございました!





【今市隆二ファン歴3年目で書く初レビュー】LIGHT>DARKNESS■買って良かった!初ソロ・アルバム/本人談の制作エピソードも!

三代目JSBボーカリスト今市隆二くんのソロとして初めてのコンプリートアルバムが、8/1に発売。
ファン歴3年目の視点で見た、今市くんがこのアルバムに込めた決意と自信、感謝の想いについて綴ります。ご本人が口にした制作エピソードも交えてお届け☆

この1枚には、ソロアーティスト”RYUJI IMAICHI“の魅力がたっぷり詰まってます!

▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫


(①INTRO LIGHT>DARKNESS⑦INTERLUDO RILYは歌詞なしのかなり短い曲のため割愛しています)

②CATCH MY LIGHT
アルバムタイトルの“光”を象徴する、華やかでノリノリのアップテンポナンバー。
このオープニングがアルバムへの期待感をさらに高めてくれます。
こちらを励まし勇気づけるような歌詞にも惹き付けられます。

そして、この曲では初めてラップに挑戦しています!
が、これは正直なくて良かったかな…?
ただ、ソロとして新たな一面を見せるという意味での今回のチャレンジは大いにアリだと思います。



③LOVE THIEF

今市くん本人が「イメージはニューヨークかな?」と言っていたこちら。
私はマンハッタンの街が浮かびました。
月夜の摩天楼をバックに、愛を狙う怪盗が音もなく駆ける…みたいな。決め台詞は「君の愛を盗むよ」…みたいな。

大真面目に言ってます。

実際に歌詞もそんな感じなので、ぜひ摩天楼をイメージしながら聴いてみてください。



④ANGEL

今市くん自身が初めて作詞作曲を手掛けた曲としても話題です。
大好きな女性をANGELに例えて、自分の幸せな気持ちをストレートに表現した歌詞がとても今市くんらしいなと感じました。

英語の短いフレーズを繰り返すところがキャッチーで、耳に心地よく残ります。

今市くんが羽根を生やした(⁉)MVもおすすめです!
独特の世界観とストーリーで、他にはない面白さに仕上がっています。ラストではちょっと笑えてほっこり^^



⑤THROW BACK

「何度もふたり恋におちる」という歌詞にもある通り、幸せを感じている二人の甘い雰囲気に酔いしれる一曲です。

英語の語りが入るところもポイント!
実際に語りかけられているようで、ちょっとドキドキしますよ♪



⑥DIAMOND DANCE

「『曲の始まりからロマンチックだなー』と感じる曲にしたかった」ということで今市くんが作詞したこちら。
その言葉通り、愛し合う二人の幸せで甘い空気感に包まれています。

「夜景を見ながらシャンパンを飲んでるイメージ」
「その時間がまるでダイヤモンドのようにキラキラしてる感じ」
まさにご本人のイメージ通り、とってもロマンチックで煌めく雰囲気を感じられる、大人のラブソングに仕上がっています。



⑧ONE DAY

愛する大切な人と過ごせる、ラスト“一日”。
そんな極限の状況での心境を歌った一曲。

噛みしめるような、彼女と共に過ごすひとときひとときを心に刻むような今市くんの歌声がなんとも言えずセクシーで、胸に刺さります。
女性の声かと思うほど綺麗な高音を響かせる彼のファルセットを存分に堪能できますよ。

ソロ第一弾シングルにこの曲を選んだところに、彼の今回のソロプロジェクトに懸ける決意と自信を感じました。

そして、こちらはぜひMVを見てほしい曲です。
近づく終わりを感じながら愛し合う、二人の極限の想い。

本当に消えてしまうのか?それとも最初からなかったのか?
深いけれど儚い、そんな愛を感じさせる切ないバラードです。



ALTER EGO

今市くんが作詞したその歌詞に、私はまず引き込まれました。

誰しもが胸に秘めている、弱い自分。もう一人の自分。
人には見せないけれど、心の中では葛藤があって、それを認めることが難しかったり。けれど実は人に知ってほしいという想いもあったり。

その葛藤をストレートに歌いながらも、後半には少しずつ希望に向かっていきます。
他のどの曲にもない、幻想的な雰囲気に包まれた曲です。

ちょうど個人的に悩んでいた時期にリリースされたこともあって、当時自分の状況に照らし合わせて聴いた、思い入れのある曲です。
その歌詞は心を見透かされたのかと思ってしまったほど、私が考えていたこととぴたりと一致していました。なので余計にこの曲に引き込まれました。

なんだか不思議な気持ちでしたね。
ですが、それと同時にすごく嬉しかったことも覚えています。

「泣いていいんだよ」「そんなに無理をしないで」

今も私の心に残っている、大切なフレーズです。



⑩OUT OF THE DARKNESS

アルバムタイトルの“闇”を象徴する曲。
その名の通りに心の闇と闘うような歌詞でありながら、そこには決意も感じられます。

MVは「CATCH MY LIGHT」とひと繋ぎで制作されており、その中でこれまでやってこなかったダンスに挑戦しているところが見どころです!
「ソロとして他の曲と見せ方を変える意味もある」(本人談)ということで、キレのある動きを見せてくれたのがとても新鮮!

個人的には、曲は”LIGHT“、ダンスは”DARKNESS“がおすすめです♪


TRICK WORLD

このアルバムの中で最もDARKNESS感漂う曲ではないでしょうか。
問いかけるような歌詞が印象的です。

ここでがっつり闇を感じてからの、次の“SHINING”へと繋がる流れが私は好きで。
対照的なこの2曲だからこそ、その対比が鮮やかに引き立ちます。


⑫SHINING feat.NE-YO

ニーヨをフィーチャリングに迎えて制作されたこちら。
そのニーヨの声が、今市くんの声とかわるがわる聴こえてくるのがとても心地いいんです♪バランスがいいというか。

イメージは「太陽のようにキラキラした美しい女性」とのことで、制作時にニーヨと共に入ったスタジオにたまたま太陽の絵が飾ってあり、そこからインスピレーションを得たんだそう。

トロピカル調で、甘くてキラキラ輝く夏の恋をイメージさせてくれます。



⑬LOVE HURTS feat.BRIAN MCKNIGHT

こちらはブライアン・マックナイトがフィーチャリングで参加。
今市くんが「自分の洋楽の入口になった人」「尊敬する大好きなシンガー」と常々口にしています。

愛し合っているけれど、その愛に終止符を打たなければならないことに男性側が気づいてしまった。そして幸せだった時間を思い出していく…切なくも美しいバラードです。

世界的シンガーであるブライアンの歌唱力に、改めて心を奪われます。
静かにじっくりと聴き入りたい曲です。


⑭THANK YOU

ブライアン・マックナイトとの共作という形で生み出されたこちら。
今市くんが「これからの歌手人生でずっと歌い続けていける曲・心の真ん中にずっとある想いを伝えられる曲にしたい」とブライアンにリクエストしたんだそう。

彼のファンや家族、これまで関わった全ての人たちへの深い感謝の気持ちが、これ以上ないほどストレートに伝わります。
と同時に今後の歌手としての“決意”と“覚悟”といった力強さも感じられて、聴く側に深い余韻を残してくれます。

アルバムのラストを飾るにふさわしい、壮大かつ感動的な美しいバラードです。


▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫


短編の2曲を除いた全曲の感想を書いてきましたが、いかがでしょうか。

一曲一曲は聴いたことがあっても、こうして1枚のアルバムとして通して聴いてみると、改めてその曲ごとの良さからの全体の完成度に驚きました。
一つの作品としてのバランスがすごく良くて、初めて聴き終えてすぐに「このアルバム好き!買って良かった!」と口から出ました(笑)


既にゲットされた方はこの記事を読んだ上でまたさらに聴き込んでほしいですし、これから買おうかな?と思っている方にはその背中を押せるような記事になっていたら嬉しいです。


長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!